AppleTVに秘められた壮大なる発展シナリオ

アップルは「趣味」から「本気」へシフト

野球、バスケットボール、アメリカンフットボールの3大スポーツは、米国のテレビにとって重要なコンテンツ。今回、アップルはここにも食い込んできた

アップルはiPhone 6sシリーズやiPad Proをリリースしたイベントで、新型Apple TVをリリースした。発表する際、「未来のテレビはアプリだ」と宣言したティム・クックCEO。新製品の目玉は音声アシスタントSiriのサポートと、App Storeの対応だ。

発売は2015年10月下旬を予定しており、タッチアンドトライもあまり充分な時間を取ることができなかったが、その使用感と今後について考える。

「趣味」から「本気」へシフトチェンジ

Apple TVを登場させてからしばらくの間、スティーブ・ジョブズ氏も「趣味」と称していたテレビ向けの製品カテゴリだった。しかし2007年1月と発表も早かったことから、既に累計2500万台を販売し、2013年には関連の売り上げが10億ドルを上回っている。

アップルが新たなデバイスとしてテレビをリリースするのではないか、という噂は一昨年からささやかれてきた。その一方で、すでにコモディティ化しているマーケットへの参入は、アップルが得意とする高級路線であっても難しく、現実味に乏しいとの見方が強かった。

今回のApple TVも、テレビに接続するセットトップボックスという位置づけでのリリースであり、これまでのアプローチを堅持したことになる。しかし、その中身は、「趣味から本気」へのシフトチェンジが行われた、と評価できる内容になっている。

次ページApple TVはどう変わるか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。