さらばスマホのヨコ持ち!動画もタテになる

新しい動画視聴スタイルが登場した

もうこんな持ち方をして動画を楽しむ人はいなくなるかも?! (写真:xiangtao / PIXTA)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

モバイル・インターネットはいよいよ「動画の時代」に突入した。そのため、視聴フォーマットは「タテ型」が主流となりつつあるという。アメリカで若者から絶大な支持を受ける3つのアプリ「Snapchat」「Periscope」「Meerkat」が、これまで誰も疑わなかった「ヨコ型動画」の独占状態を破ろうとしているのだ。

かつてスマートフォンで動画を見るには、いちいちヨコに倒す動作が必要だった。主流だった動画の規格「16:9」に、スマホの画面を最適化させるためだ。しかし、スマホをタテに持ったままで見られる「タテ型動画」のサービスが登場し始めたところ、たちまちブームとなる。スマホはタテに眺める方が自然だと、誰もが感じていたのだろう。

この衝撃的なムーブメントを引き起こしたのは若年層だ。急成長中の「タテ型動画」メッセンジャーアプリ「Snapchat」と、ライブ動画配信アプリ「Periscope」「Meerkat」の熱烈な支持者である。

「Snapchat」は「タテ型動画」専用スタジオを設立

なかでも「Snapchat」の人気は出色と言える。画像、動画、短文を共有でき、それらが閲覧された直後、たったの10秒で消失する機能が、「より現実の会話に近い」と人気を集めているのだ。現在、1億デイリーアクティブユーザー(DAU)を集め、そのうちの37%が18~24歳。利用者は10~20代の若年層に集中しており、この層をターゲットにした広告商品の開発が目下の同社の課題だと言われている。

去る6月、「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」の会場で「Snapchat」は、イギリスの日刊紙「Daily Mail」、同国の大手広告代理店「WPP」とともに、「タテ型動画」制作専門の「クリエイティブ・スタジオを開設した」と発表。「タテ型動画」アプリの広告市場のみならず、制作市場の独占をも視野に入れているのだろう。

次ページタテ型動画にできることとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。