iPhoneキーボード、「軽量版」の真打が登場

折り畳める180グラムは邪魔にならない

マイクロソフトから発売された「Universal Foldable Keyboard」。超薄型、軽量、コンパクトなデザインで持ち運びもラクだ

普段はスマートフォン、タブレットで充分だが、いざという時にキーボードが欲しい。そんなビジネスパースンは少なくないようで、手軽に使える折りたたみ式キーボードのレビュー記事への注目はとりわけ高い。

以前にも本連載の中でマイクロソフト製のミニキーボード「Universal Mobile Keyboard」を紹介したことがあった。マイクロソフトはキーボードやマウスなど入力機器の老舗メーカーという一面を持っており、優れた製品ラインナップを取り揃えている。

この「Universal Mobile Keyboard」も、キーボードカバーが端末スタンドとキーボード自身の電源を兼ねる、という凝った設計。これ1台あればWindows、iOS(iPhone/iPad)、Androidのすべてに対応。3台の端末を切り替えて利用できる優れものだった。

いつでも持ち運べるかどうか

上の画像をクリックするとAmazonの特設サイトにジャンプします

なかなか本格的な、打ちごたえあるキーボードである。携帯用としては抜群に使いやすい機能性を備えているキーボードと言える。しかし、一方で重さは380グラム。折りたたむこともできないため、持ち運びをするには覚悟が必要だ。”必ず使う”のであれば持ち歩きたいが、”使うかもしれない”程度ならば、家やオフィスに置いていきたい製品だろう。

これに対して今回紹介するマイクロソフト「Universal Foldable Keyboard」は”たまにキーボードを使いたい人なら、つねにカバンの中に入れておきたい”、すなわちもっとカジュアルに使える携帯型キーボードだ。

次ページコンパクトで軽量
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。