覇権奪取を目指すFacebook動画の新事実

王者YouTubeを撃墜できるか

Facebook、Youtubeを追撃なるか?(写真:ロイター/アフロ)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

もはや動画はYouTubeだけのものではない。盤石な動画共有のエコシステムを築き上げ、しばらくその地位は揺るがないと思われた絶対王者YouTube。しかし、意外なところから新たな伏兵が現れた。そのチャレンジャーは、動画とは一見距離を置くソーシャルネットワークサービス、Facebookである。「近況報告」という仮面をかぶった動画シェアは、いつの間にか王者の懐に迫っていたのだ。

収穫期を迎えた、絶対王者YouTube

2014年7月中旬に発表されたGoogleの第2四半期決算は、投資家の期待を越えた。売り上げ高が177億ドル(約2兆2000億円)で、前年同期の159億ドル(約1兆9500億円)から11%伸びた。純利益は39億3000万ドルと、前年同期より10%以上伸びている。

ルース・ポラット最高財務責任者(CFO)は、好業績の要因のひとつはYouTubeにあるという。発表によれば、YouTubeのユーザーは10億以上。モバイルシフトも万全で、モバイルユーザーの視聴時間は1セッションあたり40分もある。昨年同期比で、60%も伸びた。

これは、創業10年を迎えるYouTubeが「収穫期」を迎えたことを意味している。2005年創業した同サービスは、翌年にGoogleが16億5000万ドル(当時のレート約1950億円)で買収。収益性ではなく、プラットフォームとしての定着を狙う戦略が奏功し、いまや世界中にユーザーを抱えている。

次ページYoutube、クリエイターにスタジオを開放
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。