覇権奪取を目指すFacebook動画の新事実

王者YouTubeを撃墜できるか

Facebook、Youtubeを追撃なるか?(写真:ロイター/アフロ)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

もはや動画はYouTubeだけのものではない。盤石な動画共有のエコシステムを築き上げ、しばらくその地位は揺るがないと思われた絶対王者YouTube。しかし、意外なところから新たな伏兵が現れた。そのチャレンジャーは、動画とは一見距離を置くソーシャルネットワークサービス、Facebookである。「近況報告」という仮面をかぶった動画シェアは、いつの間にか王者の懐に迫っていたのだ。

収穫期を迎えた、絶対王者YouTube

2014年7月中旬に発表されたGoogleの第2四半期決算は、投資家の期待を越えた。売り上げ高が177億ドル(約2兆2000億円)で、前年同期の159億ドル(約1兆9500億円)から11%伸びた。純利益は39億3000万ドルと、前年同期より10%以上伸びている。

ルース・ポラット最高財務責任者(CFO)は、好業績の要因のひとつはYouTubeにあるという。発表によれば、YouTubeのユーザーは10億以上。モバイルシフトも万全で、モバイルユーザーの視聴時間は1セッションあたり40分もある。昨年同期比で、60%も伸びた。

これは、創業10年を迎えるYouTubeが「収穫期」を迎えたことを意味している。2005年創業した同サービスは、翌年にGoogleが16億5000万ドル(当時のレート約1950億円)で買収。収益性ではなく、プラットフォームとしての定着を狙う戦略が奏功し、いまや世界中にユーザーを抱えている。

次ページYoutube、クリエイターにスタジオを開放
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。