国家公務員給与の平均7.8%引き下げに賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

国家公務員給与の平均7.8%引き下げに賛成ですか、反対ですか?--東洋経済1000人意識調査

12月9日に臨時国会は閉会し、「国家公務員の給与を平均7.8%引き下げる」とした法案成立は来年に持ち越された。アンケートは賛成が多数を占めたが、0.23%の引き下げを求めた人事院勧告をめぐって与野党で意見がまとまらなかった。

政府は、国家公務員の給与を平均0.23%引き下げるよう求めた人事院勧告の実施を見送り、平均約7.8%引き下げる特例法案の成立を目指しています。

法案成立に賛成ですか、反対ですか。


(編集部 =週刊東洋経済2011年12月24-31日新春合併特大号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。