年間55万人!ドイツへの移民が急増している

昨年の移民純流入は20年ぶりの規模を記録

 9月3日、独連邦統計局は2014年の移民の純流入数が55万人と、1992年以来の規模となったと発表した。写真はギリシャ国境を越えマケドニアに入る移民。9月1日撮影。(2015年 ロイター/ Ognen Teofilovski )

[ベルリン 3日 ロイター] - ドイツ連邦統計局は3日、2014年の移民の純流入数(流入数から流出数を差し引いた人数)が55万人となり、1992年以来の規模となったと発表した。難民申請件数は前年比61%増えたという。

移民の大半は、ポーランドを中心とする欧州諸国の出身。ドイツの移民法は比較的リベラルで、支援も手厚いことから、同国は欧州連合(EU)最大の難民受け入れ国となっている。

戦火を逃れるために中東やアフリカから海を渡って来る難民が今年は増える見通しで、80万人程度に膨らむと予想されている。

欧州南東部からの経済移民についてはイタリアからが13%増加。東欧のルーマニア、ブルガリア、クロアチアからも大幅増加した。半面、スペインは26%減、ギリシャは29%減少した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。