実は窮地の米共和党、「政権奪還」は遠い夢

党内保守派が軟化路線を拒否

ホワイトハウスの次の主人になるのは、いったい誰なのか(写真:mihaeru / Imasia)

昨年11月の中間選挙で米国共和党が民主党を下し上院での主導権を握った直後、マコネル新党首は同胞たちに、「脅威であるな、ポジティブかつ実効的であれ」と呼びかけた。

議会支持率は史上最低の10%台半ばまで落ち込んだ。上院で議席を確保し2016年に政権を奪還したければ、共和党は責任統治能力を示す必要がある。

過去6年間のようにオバマ大統領の発議に反対し続けてもダメだと判断したのだ。2013年の悪名高い政府機関閉鎖には至らせない、と誓ったのだ。

共和党は窮地にある

そして、オバマ大統領が拒否せざるをえない法案を提出することで、彼を悪役にしようとした。ところが、ティーパーティ関係者などの党内保守派が軟化路線を拒否したため、実行が困難になった。2010年に議席を大幅に増やしたティーパーティの候補者たちは、自党員たちと対立しても決して妥協しないという公約の下、戦った。共和党は窮地にある。

一方、多くの民主党員は自分たちが少数派となり、結果を出したり党指導者に追随したりするプレッシャーから逃れ、解放されたと感じている。オバマ大統領自身、共和党が拒否する人気政策(2年間のコミュニティカレッジ授業料無償化や最低賃金引き上げ)を提示し、共和党は「Noと言うだけの政党」とのレッテルを維持して、一息ついたようだ。

両党の政策上の隔たりはかつてないほど深い。共和党は、国家防衛に不可欠だと思わなければ、連邦政府のいかなる権限拡大も避ける。対して民主党は、国内標準の導入や公共事業による利益の公平な分配を積極的に保証しようとする。

ティーパーティ台頭が分裂に拍車をかけた。この運動には、富豪のコーク兄弟など権力と資金力を誇る後援者がいる。共和党の現職議員は確実に右傾化した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
百貨店が消える日<br>閉店ドミノが始まった

三越千葉店の閉店が発表された。百貨店が郊外型店舗の閉店を相次いで決定している。訪日外国人の「爆買い」減速でカネが回らなくなったのが一因だ。郊外から街のシンボルが消える。

  • 新刊
  • ランキング