トラブルはすべてシステム部門が犯人なのか

条件反射で「バグ」「不具合」と攻められる悲哀

「きゃーきゃー」いきなり職場で悲鳴です。

どした、どした、とぼへちゃんが駆け寄ったところ、総務の女の子が叫んでいます。

「急に画面が真っ黒になっちゃったんです!まだファイル保存していなかったのに、ひどいですよ!」と悔しそう。

「今までのシステムはこんなことなかったのに。今日、新しい機能をリリースしていましたよね。もしかして、そこにバグがあるんじゃないですか」

真っ黒な画面をみつめながら、そんなことをつぶやき始めましたよ。

これは聞き捨てなりません。バグなんて気軽に言わないでください。それに、画面を真っ黒にするほどの強烈なバグって、ちょっとありえないなあ。

ん? そもそもディスプレイの電源ランプが点いていないし、これはシステムの問題じゃないようですよ。

ディスプレーの後ろに回って配線をみたところ、ディスプレーのケーブルが外れていることを発見。カチャッとはめ直してあげました。

「あ、ちゃんと映りましたよ」

バグじゃないです。単にディスプレーケーブルが抜けていただけです。何でもかんでも、すぐにシステムのせいにしないで下さいね。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。