アップルがテスラから技術者を採用していた

自動車開発に向けたチーム編成本格化

アップルが自動車開発に関するエキスパートの採用を始めている。そのターゲットはテスラのようだ(写真:REUTERS/Rebecca Cook/Files)

[デトロイト/サンフランシスコ 21日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズのシニアエンジニア、ジェイミー・カールソン氏が、米アップルに入社したことが、リンクトインに掲載された情報から明らかになった。

アップルが自動走行車の専門家で構成するチーム拡充に向けた取り組みの一環とみられる。

ビジネス特化型ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のリンクトインに掲載されたカールソン氏のプロフィールによると、同氏は7月までテスラの自動走行車プログラムのエンジニアを務め、8月にアップルの特別プロジェクトグループに移籍した。

カールソン氏のほかにも、アップルは自動走行車技術やシステム開発の経歴のある少なくとも6人を採用したという。

カールソン氏を含む7人からコメントは得られていない。アップルはコメントを差し控えた。

複数の関係筋によると、アップルは自動車の開発に乗り出し、自動走行車技術の研究を進めている。ただ、実際に自動走行車を設計しているかどうかは明らかになっていない。

ただアップルはこれまでに、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のエンジニアや、自動走行車研究の拠点とされる米カーネギーメロン大学の研究者、米半導体大手エヌビディアで運転手支援システムソフトを手がけていたエンジニアらなどを採用している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。