アップルは自動車の最先端技術を"盗む"のか

BMWを悩ます「プロメテウス物語第2章」

外部に対し重要ノウハウを開示しない方針のBMWだが、アップルを前に揺れているようだ(写真:REUTERS/Fabrizio Bensch)

[フランクフルト/サンフランシスコ (ロイター)] - 世界トップのデジタルガジェットメーカー、アップルの幹部らによる世界最大の高級車メーカーBMW本社への調査訪問後、両社の間で保留されていた提携への強い想いが再び再燃するかもしれない。

クックCEOがライプツィヒ工場を訪問していた

アップル幹部は「i3」の生産方法を学んだようだ(写真:BMW i3のFacebookページより)

アップルの最高経営責任者、ティム・クック氏が昨年BMW本社を訪れ、アップルの上級幹部らが同自動車メーカーのライプツィヒ工場を視察して、BMWのi3電気自動車の生産方法を学んだと、この件に詳しい2人の消息筋がロイターに語った。

同消息筋の1人によれば、アップルは乗用車の独自開発の検討を望んでいるように思えることから、この対話は結論を見ずに終わった。

BMWはソフトウェア大企業やインターネット大企業に対する単なるサプライヤーになることを避けたいので、自社の生産ノウハウを共有することには慎重である。

BMWを訪問中、アップル幹部らはBMWの取締役らに機械設備や生産に関して細かい質問をしたため、BMW幹部らは部品のライセンス提供に用意があることを示唆した、と消息筋の1人が伝えた。7月最終週に発売になったドイツ雑誌「マネージャー・マガジン」で、このライプツィヒ訪問のニュースが最初に表面化した。

「アップルの幹部らは私たちが従来の自動車生産手法を捨て去って再出発した事に感心していました。アップルのやり方と調和するものです」とBMWの幹部消息筋は語った。

乗用車の共同開発に関して、「現時点ではアップルとの間に話はない」とBMWは語り、アップルはコメントを控えた。しかし、消息筋の1人はシニアマネージャー間の予備的交渉は後になってから復活するかもしれないと語った。

ここで思い出されるのが、「シリコンバレーのプロメテウス物語」だ。

次ページシリコンバレーのプロメテウス物語とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。