名所のトップレス女性、NY市が取り締まりへ

調査のためのタスクフォースを発足

 8月20日、米ニューヨーク(NY)市は観光名所のタイムズ・スクエアで写真撮影の見返りにチップを観光客にしつこく要求しているとされるトップレス女性やコスプレ愛好家の取り締まりに向け、調査のためのタスクフォースを発足させた。写真は8月19日撮影(2015年 ロイター/Carlo Allegri )

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米ニューヨーク(NY)市は20日、観光名所のタイムズ・スクエアで写真撮影の見返りにチップを観光客にしつこく要求しているとされるトップレス女性やコスプレ愛好家の取り締まりに向け、調査のためのタスクフォースを発足させた。

デブラシオ市長のオフィスは「過去数カ月にわたり、タイムズ・スクエアにおけるトップレスの人物やコスプレ愛好家による(チップの)強要への深刻な懸念が持ち上がっていた」と説明した。

市長が招集し、警察関係者などで構成するタスクフォースは調査結果を10月1日までに報告するという。

タイムズ・スクエアに赤や白、青色でペイントされたトップレス女性が現れたのは比較的最近だが、ミッキーやミニーマウス、アイアンマンといったキャラクターに扮(ふん)したコスプレ愛好家は数年前から目立つようになった。

北欧神話の雷神トールに扮したあるパフォーマーは匿名を条件に「われわれは皆アーティストであり、ストリートパフォーマーだ。われわれは自身の未来を守るために自主規制している」と話した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。