アップル、スマホの世界シェアを拡大

1位のサムスンは大幅縮小

 8月20日、世界のスマホ販売でアップルが市場シェアを伸ばしたことが調査で分かった。写真はアップル、サムスン両社のロゴマークとスマホを手にする人の影。ゼニツァで2013年8月撮影(2015年 ロイター/Dado Ruvic)

[20日 ロイター] - 世界のスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)販売が2年ぶりの鈍い伸びとなるなか、米アップル<AAPL.O>が第2・四半期に市場シェアを伸ばしたことが調査会社ガートナーの調べで分かった。

それによるとアップルの世界スマホ販売の市場シェアは14.6%で、前年同期の12.2%から拡大した。一方、競合の韓国サムスン電子<005930.KS>は26.2%から21.9%に縮小した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。