公開前の企業リリースをハックし荒稼ぎ

過去5年間で最大1億ドルの不当利益

 8月11日、米FBIは、ハッカーらが情報配信会社のシステムから盗んだ公開前の企業プレスリリースを入手してインサイダー取引を行った容疑で、株式トレーダーらを訴追したと発表した。写真はイメージ。ワルシャワで2013年2月撮影(2015年 ロイター/KACPER PEMPEL)

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)は11日、ウクライナのハッカーらが「ビジネスワイヤ」など情報配信会社3社のシステムから盗んだ公開前の企業プレスリリースを入手し、インサイダー取引を行った容疑で、米国などに拠点を置く株式トレーダーらを訴追したと発表した。

不正に得た利益は、過去5年間で最大1億ドルに上るという。

ニューヨーク・ブルックリンなどの大陪審は、2010年2月前後から計3000万ドルの不正な利益を得た容疑で9人を訴追。うち5人は11日に逮捕され、他の4人は国際指名手配された。

また、米証券取引委員会(SEC)は、盗んだ内部情報を利用して1億ドル超の不正利益を得たとして、個人17名と法人15社を民事訴追した。訴追されたのはニューヨーク、キプロス、フランス、マルタ、ロシアのトレーダーらで、すでに裁判所から資産凍結命令が出ているという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。