汗をかいても痩せない「夏太り」4つの原因

タイプに合った「食事ケア」を押さえよう

夏太りの4大原因を総ざらい!(写真:naka / PIXTA)

猛暑シーズンに突入すると、毎日大量の汗をかきます。そうすると、「今日1日でけっこう痩せたかも?」なんて考える方もいるでしょう。しかし、現実は甘くありません。むしろさほど食べていないのに「逆になぜか太ってきた!?」と感じることも多いのではないでしょうか。

その原因はいったいどこにあるのでしょうか。実は、これには主に4つの原因が考えられるので、今日はその原因別に対策を見ていきましょう。

これが夏太りの4大原因だ!

気になる夏太りの原因は、ほとんどの方に心当たりがあるであろう日常生活の中の些細なこと。ずばり、「糖質過多」「むくみ」「代謝ダウン」「冷え」。この4つが主な原因だと考えられています。

■原因1:糖質過多

会社帰りのビール、仕事の合間のフラペチーノやアイスクリーム、さらには暑い日の昼食に食べやすいざるそばや冷やしうどん……。これらは全部「糖質」です。

この糖質を代謝するのに、体内ではビタミンB群を大量に使うため、他方で体脂肪の代謝が追いつかず、そのまま蓄積されるハメに。これが「さほど食べていないのに太ってきた!?」の原因のひとつだと考えられます。

■原因2:むくみ

むくみは、暑さで血流が悪くなり、余分な水分が顔やお腹、足、腕などにたまって、いわゆる「水太り」状態になっていること。熱中症対策のために水分補給は大切ですが、野菜などに含まれるカリウムが不足しているとむくみやすくなるので、飲料をがぶがぶ飲むだけでなく、夏野菜や果物などからも水分補給するようにしましょう。

次ページのこりの2つはなぜ起こる?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。