午後、睡魔に襲われないためのランチとは?

やる気が出ないのは炭水化物のせいかも

 「コンビニ飯は不健康!」「コンビニ飯が続くと罪悪感が……」とあきらめてしまっている方、印象だけで決めつけてはもったいない! この連載ではシニア野菜ソムリエの丸田みわ子氏が、毎回テーマに沿ってコンビニ飯の上手な選び方を紹介します。今日は「ランチ後眠くなって仕事に集中できない!」というあなたへ。
ランチ後はあくびばかり出て仕事に集中できないという方。それはあなたの怠け心ではなく、ランチに原因があるかもしれません(写真:相沢和希/アフロ)

ランチ後、睡魔に襲われて、仕事が捗らないことに悩むビジネスパーソンは多いのではないでしょうか? それは、あなたが怠惰なわけでも、ダメ人間なわけでもなく、食べ合わせの問題かもしれません! ランチでは何を食べれば、睡魔から解放されるのでしょうか。コンビニメニューから考察してみましょう。

ランチ後の睡魔は「低血糖」の仕業かも

ランチ後に睡魔が襲ってくるのは、ある意味、自然の摂理です。「食べる」という行為の後には、体温や血糖値が適度に上がり、食後しばらくするとこれらがだんだん下がっていきます。その過程で、人は心地良く、眠くなってしまうそうです。夜であれば安眠効果に繋がってありがたいですが、ランチの後は仕事が捗らず困ってしまいますよね。

この体温や血糖値が“緩やかに”上がって下がる場合は、睡魔はそう長くは続きませんが、なかなか眠気が解消されないときは、「低血糖」に陥っている可能性があります。

低血糖は血糖値の“乱高下”によって起こります。血糖値は急激に上がると、その後急激に下がってしまいます。仕事などで神経を集中させるためには、再度血糖値を適度に上げなくていけませんが、これがそう簡単にはいかないのです。血糖値が低いままの状態が続いてしまうと、集中力も戻ってきません。

次ページ避けるべきもの、食べるべきもの
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。