世代間論争で得をするのは金持ちの若者--『就職、絶望期』を書いた海老原嗣生氏(「ニッチモ」代表取締役)に聞く

世代間論争で得をするのは金持ちの若者--『就職、絶望期』を書いた海老原嗣生氏(「ニッチモ」代表取締役)に聞く

本書の宣伝帯には「就活批判、中高年叩き、欧米礼賛─。安易な議論と税金バラ撒きの末に“絶望期”がやって来る!」と刺激的なフレーズが並ぶ。雇用問題で論争的な書をいくつも生み出してきた人事の専門家は、世の誤解を解こうと、ここでも奮闘している。

──雇用や就職について、不十分な知識で発言する人が多すぎると書かれています。

タレント活動も行う脳科学者や有名な女性経済評論家も、若者の就職や雇用について積極的に発言しているが、実情をよく知らないようだ。とりわけ就職に関してはほとんど知識がない。就職活動をしたことがない、採用する立場から考えたこともないという人が、有識者の立場で発言している。

たとえば、日本の新卒一括採用について、マイナス面ばかり論じるが、プラス面については考えようともしない。欧米の一流企業でも、一括採用をやっているところがある。総じて、日本型雇用について、無批判に悪いものだという思い込みが強すぎる。そこに違和感がある。

──これまでの著作(『雇用の常識「本当に見えるウソ」』など)でも、日本型雇用批判に反論をしてきました。

日本は世界の異端だ、日本は遅れているという論調は、1960年代から50年以上続いている。年功序列への批判はこの頃からあった。しかし、年功序列に限らず、皆が日本型だと思っているものが本当にそうなのか、真剣に見てものを言っているのかどうか。もし不合理だとしたら、なぜそんな不合理な制度を企業は続けているのか。そこをきちんと考えないと、議論が深まらない。経済学者も含め、いいかげんな知識では論じてもらいたくないという思いで、本書を書いた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。