中堅企業版「年収トップ200社」ランキング

ジャスダック市場には高年収企業がズラリ

就職活動の候補企業として、新興企業、中堅企業の研究もしよう(写真: msv / PIXTA)

設立の古い大企業よりも、新興企業を志望する学生は少なくない。「新興企業では若くても責任のある業務を担当できる」「企業の成長とともに自分も成長できる」などというのが理由だ。

しかし、中小企業庁の発行する『中小企業白書』(2011年版)によると、起業後10年で3割の企業が、20年後には5割の企業が倒産している。新興企業の成長性は魅力だが、倒産リスクは高い。やや不安に感じる就活生も多いだろう。

そこで、ある程度リスクの低い新興企業という点で考慮したいのが、「上場している新興企業」だ。東証1部や2部市場に比べれば緩いとはいえ、新興市場の基準は満たしている。財務内容が公表されていない非上場企業よりは安心できる。

ジャスダック「スタンダード」とは?

新興企業が上場されている市場にもいくつかあるが、東京証券取引所の管轄下にあるのが、東京マザーズ市場とジャスダック市場だ。ジャスダックはスタンダード市場とグロース市場に分けられる。2015年6月12日時点でスタンダード市場には780社、グロース市場には45社が上場している。

マザーズは赤字でも、債務超過でも成長性が高いと認められれば上場が認められる。グロースも赤字で上場できる。上場しているといっても、マザーズやグロースは基準が緩いこともあり、不安に感じる就活生も多いだろう。

一方、スタンダード市場は経常利益または税引き前利益が1億円以上で、純資産が2億円以上なければならない。マザーズやグロースよりは上場基準が厳格だ。

次ページジャスダック企業は秋以降に採用するケースも
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。