iPhoneはもう不要?あの最新機がすごい!

アップルの「お買い得ガジェット」に異変

こんなパッケージングで手元に届く

アップルは同社の音楽プレイヤーであるiPodシリーズを刷新した。今回は2007年の登場から第6世代目を数えるiPod touchを採り上げる

すでにiPhoneを使っているユーザーにとってはさほど魅力を感じないかもしれないこの製品。その理由はiPhoneから通信機能を取り除いた製品、というイメージが存在するからだろう。

しかし、電話とモバイルネット端末を分けたい人、あるいはケータイの契約が不要だというユーザー、子ども向けのデバイスとして、iPhoneと同等の性能と質感を楽しむ事ができる、特筆すべき進化を遂げた。

またiPhoneユーザーでも、ストレージとバッテリー消費の関係から音楽プレイヤーやゲームマシンを分けたい場合、このデバイスは魅力的だ。それでは早速、製品を見ていこう。

3年分の「進化」

3年ぶりの刷新となるiPod touchは、先代と同様の4インチRetinaディスプレーと薄型のボディに変更はないが、プロセッサー、カメラの大幅な強化がもたらされた。

特にプロセッサの進化は特筆すべきものだ。これまで、モデルチェンジのタイミングがなかったこともあるが、iPod touchのプロセッサーは常にiPhoneのそれよりも劣っていた。しかしは、最新のiPod touchでは、iPhone 6と同じA8に強化され、iPhoneでいえば4世代分の強化となる。

同じ4インチサイズで併売されているiPhone 5cやiPhone 5sよりも高い性能を発揮することを意味しており、iPhone 6よりも画面が小さいことから、複雑なグラフィックスを用いるゲームでも快適に動作させることができる。

次ページカメラも強化
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。