ホンダ八郷社長が示した「方針転換」の波紋

系列部品メーカーに不安や戸惑いの声も

商品力を強化して、工場の稼働率を引き上げていくことが八郷隆弘社長の課題となる(撮影:尾形文繁)

「お客様視点で、販売台数よりホンダらしい商品づくりを最優先に取り組む」

7月6日、ホンダの八郷隆弘社長は、6月の就任後、初めて記者会見を行い、伊東孝紳前社長の「拡大路線」からの転換を明確にした。

伊東前社長は2012年に発表した中期経営計画で、4輪について、2016年度に当時の1.5倍である600万台以上を全世界で販売するとした。

前期は3期ぶり営業減益

しかし、販売力が追いつかず、伊東体制の後半では、品質問題の混乱が輪をかける。2013年後半に発売した主力車種の「フィット」や「ヴェゼル」でリコールが頻発し、タカタ製のエアバッグ問題の対応にも追われた。2014年度の販売台数は436万台にとどまり、営業利益と純利益が3期ぶりの減益になった。

記者会見で八郷社長は、伊東前社長が構築した、日本、中国、北米など主要6地域が独自に開発、購買、生産、販売を行う「世界6極体制の進化」を課題の一つにあげた。

多くの拠点が工場を作ってきた結果、計画分を含めると、全世界の生産能力は2015年末に565万台、2016年末に583万台に達する見通しだ。一方で2015年度の販売計画は、約472万台。実に約100万台の生産能力が過剰となっている。

次ページ過剰な生産能力をどう解消するのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。