圧倒的な成功者は「無遠慮で嫌なヤツ」ばかり

ジョブズ、マスク、ベゾスを見ればわかる

テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEOは現在のビジネス界で最も傑出したビジョナリーだが・・・(写真:Michael Nagle/The New York Times)

アシュリー・ヴァンスの新著『イーロン・マスク:テスラ、スペースX、素晴らしい未来を追い求めて』を読みながら、私は感嘆と落胆を交互に味わった。その相反する感情は、ウォールター・アイザックソンの『スティーブ・ジョブズ』(翻訳版は講談社)とブラッド・ストーンの『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』(翻訳版は日経BP社)を読んだ後に感じたものとまさに同じだった。

彼ら3人のリーダーは、現代のビジネス界で最も傑出したビジョナリーと言えるだろう。それぞれが、私たちの生活を変える──マスクの場合は、変える可能性がとても高い──独自の製品を送り出している。

私が感嘆したのは、3人が事業を築き上げた革新的で、勇敢で、粘り強く、創造力にあふれるやり方だ。Macbook ProとiPhoneを持っている私は、20年来のアップルの忠実な顧客だ。本などさまざまなものをアマゾンで購入しており、低価格と買いやすさと信頼できる迅速な配達に魅了されている。テスラのモデルSは私がこれまでに運転したなかで最高の車だ。完全な電気自動車で、自宅の車庫で充電できる。

明らかに、私は彼ら3人が売っているものにほれ込んでいる。

そんな私を落胆させるのは、彼らの誰ひとりとして、勤勉で忠実な従業員を少しも大切に思わず、感謝もしないことだ。自分の夢を実現する手助けをしてくれた人々に対して不必要なほど冷酷になることができ、屈辱さえ与えている(ジョブズの場合は過去形だが)。

繊細で無神経な人?

もちろん、彼らにはそれぞれ忠実な擁護者がいる。アップルのジョブズの後継者たちは、ティム・クックCEOやジョナサン・アイブCDO(最高デザイン責任者)も含めて、晩年のジョブズはリーダーとして実に成熟していたと力説する。マスクとベゾスにも、長年ともに働いてきた上級幹部がいる。しかし、アイブのようにジョブズを崇拝する人でさえ、彼の人の扱い方に戸惑ってきた。

「彼はとても繊細だ」と、アイブは2011年にジョブズが他界する直前に、アイザックソンに語っている。「あの非社交的な振る舞いも、不作法さも、とうてい良心的とは言えないところも、繊細ゆえでもあるのだろう。もっとも、神経が図太くて思いやりのない人ならともかく、繊細な人がどうして無礼になるのか、私には理解しかねるのだが」。

3人のリーダーの並外れた成功を考えると、人に対して容赦をせず、冷酷でさえあるほうが、よりよいパフォーマンスを引き出せるのかもしれないと思えてくる。しかし、そんなことはない。この点は私も3人の伝記の著者たちに同意する。エナジー・プロジェクトの調査によると、自分の必要性が仕事で満たされていると従業員が強く思うほど──特に、敬意と感謝を感じるほど──パフォーマンスは向上する。

次ページ周囲からの3人に対する印象
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。