韓国経済、今年の下半期も明るくはならない

3%台の成長率予測は2%台へ

7月1日、第17回民主平和統一諮問会議に出席した朴大統領(写真:Yonhap/アフロ)

1期5年(再選不可)の任期も半分が過ぎた朴槿恵政権。その経済政策の効果を見ると、政府主導の景気回復への期待は、ネガティブな面が多いかもしれない。

2014年末、あるいは今年年初時点で2015年の韓国経済を「緩慢な回復」と予想していた専門家は、その予想を相次いで下方修正している。韓国経済を取り巻く国内外の環境もまた、よくなる要因よりは悪くなる理由が多い。このままでは、今年の経済成長率3%目標の達成は難しいように見える。

昨年末、『中央日報エコノミスト』が「2015年は新4低時代の固定化を確認する年になるだろう」と予想した。「4低」とは、低成長、低物価、低投資、低金利のことだ。また、「韓国経済が緩慢に回復するとしても、その回復は不安定なものになる」と予想した。最近の不況は構造的な問題から発生していると考えたためだ。

2%台の成長率予測も出始めた

それから半年。現在の状況は、当時の想定より少し深刻だ。昨年末、国内外で出された韓国経済の経済成長予測は、おおよそ3.6%前後だった。ところが、今年第1四半期(1~3月)を過ぎると3%前半に下がり、最近には2%台の成長を予測するところが多数だ。家計負債が憂慮されても、また韓国銀行が金利を市場最低水準にまで引き下げても、そして財政の健全性が心配されても、韓国政府が15兆ウォン規模の補正予算を組んだ理由だ。それだけ、韓国経済が深刻だという証拠でもある。

まず、現在の状況から見てみよう。今年第1四半期、韓国経済は2014年第4四半期(10~12月)比で0.8%の成長に留まった。3四半期連続の0%台だった。MERS(中東呼吸器症候群)感染者の拡大という直撃弾を受けた第2四半期(4~6月)に期待するのは難しい。輸出は深刻なレベルで不振のままだ。今年1月、前年同月比でマイナス1%だった輸出増加率は、5月にはマイナス10.9%へ悪化した。輸入もまた、1~5月累積で16%減った。昨年10月から8カ月連続で減少していることになる。消費者物価は6カ月連続で0%台に留まっている。

次ページ経済シンクタンクの予想も下方修正へ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。