韓国社会の"病根"がMERS禍の拡大を招いた

「一次感染の終息」宣言後も感染者数が増加

マスクを着用する人が増えるなど、徐々に対策が進んでいるが、感染者数は増え続けている(写真:AP / アフロ)

韓国語で「大丈夫」を意味する「ケンチャナヨ」という表現がある。「感染しているかもしれないが、ケンチャナヨ」。国全体を覆うそんな意識が事態の悪化を招いているのではないか。

中東呼吸器症候群(MERS)が韓国で猛威を振るっている。6月19日午前時点で死者は24人、感染者は166人に拡大。隔離対象者も5900人まで増えている。今回のケースについて、政府の後手に回った対応と感染者・隔離対象者の認識の甘さが重なった結果、と見る向きは多い。

甘すぎた政府の初動対応

MERSは2012年に初めて確認され、サウジアラビアやアラブ首長国連邦を中心に感染者が発生した。症状としては、38度を超す熱やせきが続く。世界保健機関(WHO)によると、感染者の死亡率は40%。飛沫や人との接触による感染が多いという。

韓国で感染が拡大するきっかけとなったのは、4~5月にサウジアラビアやバーレーンを旅行した60代の男性だ。文亨杓(ムン・ヒョンピヨ)・保健福祉相が「管理網があまりにも狭かった」と対策のまずさを認めるほど、政府の初動対応は甘かったと言わざるをえない。

情報公開も適切とはいえない。最初の感染者を確認してから、2週間が経ってようやく、入院している病院名などを公表。その間、事実とは異なる、誤った情報が拡散してしまった。

次ページ迷走しているのは政府だけでない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。