こんな「ブラハラ」は、法的問題に発展する!

「B型はワガママ」と軽々しく言ってはダメ

血液型による性格判断を信じていますか?(写真:notkoo/PIXTA)

「B型の人は、ワガママだよね」「A型なのに、何で雑なの?」といったことを、あなたも言われたことがないだろうか。

血液型を根拠にしたステレオタイプで性格を決めつけて、不愉快な思いをさせる「ブラッドタイプ(血液型)ハラスメント」。これを問題視する声があがっていることが、読売新聞の医療サイト「ヨミドクター」で紹介されている。

ヨミドクターの記事によると、聖徳大学心理学科講師の山岡重行さんが、1999年、2005年、2009年に、首都圏の私立大学生約3600人を対象に調査を行ったところ、血液型の性格診断で「不快な経験をしたことがある」と答えた学生が約3割いたという。

違法と評価される場合もある

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

その内容は、「別の血液型に見える」などの不快な言葉を受けた人が34%、「差別された・いじめられた」が23%、「性格を決めつけられた」が17%だったそうだ。

血液型による性格診断は古くから行われてきたが、同僚や友人に「B型の人はワガママだ」などの言葉を投げかけて、不快な思いをさせてしまった場合、どんな問題があるのだろうか。南川麻由子弁護士に聞いた。

「単に『血液型のことで嫌なことを言われ、不快な思いをさせられた』というだけでは、ただちに違法ということになるわけではありません。

ただし、血液型を理由に不当な差別を受けたり、嫌がらせを継続的に受けたりした場合は別です。内容によっては、違法なものと評価される可能性もあるでしょう」

どんな場合に違法といえるだろうか。

次ページセクハラ、パワハラと考え方は同じ
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。