正念場のゴルフ場経営、拡大戦略貫くアコーディア、PGMはコスト削減を優先

正念場のゴルフ場経営、拡大戦略貫くアコーディア、PGMはコスト削減を優先

東日本大震災が襲った3月11日、アコーディア・ゴルフではちょうど今期の予算会議の真っ最中だった。審議中の予算数値をいったん壊し、「緊急予算」として急きょ組み直したという。第1四半期に入っていたPGMホールディングスは、今12月期業績予想の下方修正を余儀なくされた。ゴルフ場運営会社にとって大震災の影響は、一時的とはいえ決して小さくはない。

6月に入り、一部のゴルフ場を残して平時の運営に戻りつつあるが、自粛によるゴルフコンペの激減と、ビジター(非会員のゴルフ場来場者)の減少は痛い。これらの要因がさらなる「客単価」下落(下図)に及ぼす影響が懸念されるためだ。

年平均客単価にはプレーフィーのほか用品販売や飲食などが含まれ、ゴルフ場運営の収益を見るうえでのメルクマールだ。ゴルフ場数が横ばいとなる中でゴルフ人口の減少が進み、客単価は構造的な低下傾向を示しており、両社の収益を減速させている。前期には両社とも客単価が1万円割れに突っ込んだ。今期は震災要因も加わり、下方圧力がさらに強まりそうだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。