「家を売ったらピザ一生分をプレゼント!」

米ポートランドで住宅市場が過熱

 6月3日、不動産市場が過熱している米オレゴン州ポートランドで、「一生の間、ピザを毎月無料で食べられる」という条件を出した買い手が、見事売り手の心をつかんで住宅購入にこぎつけた。写真は同市で2014年3月撮影(2015年 ロイター/Steve Dipaola)

[ポートランド(米オレゴン州) 3日 ロイター] - 不動産市場が過熱している米オレゴン州ポートランドで、「一生の間、ピザを毎月無料で食べられる」という条件を出した買い手が、見事売り手の心をつかんで住宅購入にこぎつけた。

米国の人気都市であるポートランドでは、一部の住宅をめぐって数十人の購入希望者が争奪戦を繰り広げるケースもみられる。イタリア料理店を経営するドナ・ディニコラさんは、少しでも売り手の気を引こうと「一生の間、ピザを毎月無料で食べられる」という条件を出した。

本人は「ジョークのつもりだった」と話すが、これが功を奏し、同市南東部にある広さ900平方フィート(83.6平方メートル)の住宅を見事射止めることができた。購入価格は27万5000ドル(約3400万円)で、2カ月間は売り手に無料で家を貸すという。

売り手のホリー・マーシュさんは「60日間家賃がタダという条件も初耳だし、ピザの話には本当に大笑いした」と話す。4日に4歳になる長男の誕生日祝いにそのピザを食べに行くかもしれないという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。