勝ち組アイリスオーヤマを支える究極の物流

1万5000品目をさばく驚異のワザに迫る!

収納用品など生活関連用品の製造・卸を手掛けるアイリスオーヤマ(本社:宮城県仙台市)は、過去10年間でグループ売上高を倍増させ、今や流通業界で「勝ち組」の1社と言われるまでになった。その急成長を陰で支えるのが、独自の効率的な物流システムだ。

同社は国内8カ所に工場併設の物流拠点を配置し、各物流施設で商品の保管、出荷作業を行っている。透明収納ケースなどかさばるものは併設工場で生産しているが、取扱商品の大半は中国の自社工場や現地協力工場で生産されたもの。そうした輸入商品もすべて8カ所の物流施設にいったん集めて保管し、そこから各エリア内の取引先店舗などへ配送する物流体制をとっている。

無人倉庫は強力な武器

週刊東洋経済6月6日号(1日発売)の特集は『物流大激突』です。さまざまな企業が競争力強化のカギを握る物流への投資を加速。勝者はいったい?全40ページで迫りました。 上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「これがなかったら、出荷作業がとうてい追いつかない。無人自動倉庫はうちの強力な武器です」。こう語るのは、アイリスオーヤマ埼玉工場(深谷市)の中畑大輔工場長。中畑さんは、工場と同じ敷地内にある物流施設の責任者でもある。

埼玉が出荷を担当するエリアは、東京や神奈川、千葉、埼玉、群馬など関東甲信越の7都県。同社売上高の3割近くを占める重要エリアで、国内8物流拠点の中でも出荷量は突出して多い。

その物流を支えるのが、工場敷地内にある2つの自動倉庫だ。倉庫内には複数の搬送ロボットが備え付けれており、入庫や出荷の指示に従って、ロボットが商品の載ったパレットを搬出入口まで自動で出し入れする。

つまり、倉庫内の作業をすべてロボットが担っている、完全無人の自動倉庫だ。アイリスはは各地の物流拠点でこうした究極の無人自動倉庫を有している。

次ページ圧巻の巨大倉庫に潜入!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。