院長不在が長期化、無医地区続出の恐れ、被災地が抱える医療問題

院長不在が長期化、無医地区続出の恐れ、被災地が抱える医療問題

約1万1000人が住む宮城県気仙沼市本吉地区(旧本吉町)。地域で唯一の医療機関(歯科診療所を除く)として、住民への医療を担ってきた気仙沼市立本吉病院(病床数38床)で、院長不在の異常事態が2カ月以上も続いている。

きっかけは3月11日に発生した東日本大震災だ。本吉病院には大人の背の高さの津波が押し寄せ、医療機器が使用不能になった。2階への避難で患者や職員の生命は守られたものの、震災後休む間もなく診療に当たってきた院長が、入院患者全員を岩手県内陸部の病院に搬送させた直後に、辞表を提出する事態になった。もう一人の医師も震災後、長期の病休に入っており、院長および常勤医師不在に陥った。

そうした中で本吉病院の診療機能を肩代わりしてきたのが、民間医療機関ネットワーク最大手「徳洲会」や全国国民健康保険診療施設協議会(国診協)などの医療支援チームだ。全国からの医療スタッフによる支援を受けて、本吉地区では「医師不在」は回避されているものの、住民の間に「病院がなくなるのでは」との不安がくすぶっている。

千田孝昭・気仙沼市本吉総合支所長は「市としても絶対に無医地区にしないという決意で取り組んでいる。具体的には、菅原茂市長のルートで院長探しを進めている」と言うが、5月12日時点でも「院長招聘のメドは立っていない」(本吉病院の鈴木孝志管理課長)と言う。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。