IR議連、カジノ推進法案を国会に提出

環境立国の目玉が再挑戦

 4月28日、カジノを含む統合型リゾート(IR)を推進する諸党派の議員連盟は、IRを解禁するための法案「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」を国会に再提出した。写真はモナコで昨年4月撮影(2015年 ロイター/Eric Gaillard)

[東京 28日 ロイター] - カジノを含む統合型リゾート(IR)を推進する超党派の議員連盟(IR議連)は28日、IRを解禁するための法案「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」 (通称IR推進法案)を国会に再提出した。現時点で付託先の委員会や審議入りの目処は立っていない。今後は実際に審議入りし、可決・成立できるがが焦点となる。

カジノをめぐっては、運営の解禁が経済活性化の目玉になるとして合法化を推す声がある一方、依存症の問題に対する対策が未整備なままで合法化するのは無責任だとして、反対する意見も根強い。

第2次安倍晋三政権は経済活性化につながるとして、過去にもIR推進法案を国会に提出したものの、たび重なる審議の遅れで成立に至らず、昨年秋の衆院解散を受け廃案になっていた。

 

 

(江本恵美 安藤律子)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。