ユニクロ、絶好調決算には「死角」があった

強気の値上げは顧客に受け入れられるか

「節約志向の中、ユニクロを選んでもらえた」。4月9日の中間期決算の発表会見で、柳井会長はそう語った(写真:Getty Images)

カジュアル衣料業界が不振の中、「ユニクロ」が独り勝ちとなっている。

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは4月9日、2015年8月期の通期業績見通しを大幅上方修正した。中国や韓国など海外事業が好調なうえ、国内も単価の高い冬物衣料中心に伸長。売上高は前期比19%増の1兆6500億円、営業利益は同53%増の2000億円と、いずれも過去最高を見込む。

業績が好調なことから、年間配当も前期比50円増やし、350円とする。同日記者会見した柳井正会長兼社長は「節約志向の中、店舗やブランドとして『ユニクロ』を選んでもらえたと自負している」と胸を張った。

同時に発表した上期(2014年9月~2015年2月)業績は、売上高が前年同期比24%増の9496億円、営業利益が同40%増の1500億円だった。

これは、新店を急拡大している海外ユニクロ事業が、アジアを中心に高い成長率を維持していることが大きい。同事業の売上高は前年同期比48%増の3455億円、営業利益は同63%増の428億円で、計画を大きく上回る増収増益となった。為替の影響を除いた現地通貨ベースでも計画を上回った。

台湾と韓国で既存店売上高が2ケタ増と、大幅な伸びを見せたほか、中国でも冬物商品が好調だった。アジアを中心に海外店舗数は右肩上がりで増加。今期の海外出店数は通期で200店を超える見通しだ。店舗数が850店前後でほぼ横ばいの国内ユニクロを、海外ユニクロが今秋にも初めて上回るとみられる。

「値上げしても客離れしない」

一方、国内ユニクロ事業は、円安逆風下ながら、単価向上をテコに改善を続けている。「ヒートテックエクストラウォーム」や「ウルトラライトダウン」など、冬物衣料の販売が好調で、単価が前年同期比10.2%増と大きくアップ。客数は微減となったが、大幅な単価上昇で、既存店売上高が同8.4%増と大きく伸びた。1月の初売りセールでは、値引き商品に販売が集中したが、上期を通して値下げロスが減少したことから、粗利率は1.8ポイント増の49.5%と大きく改善。同事業の売上高は同12%増の4545億円、営業利益は同24%増の894億円と、堅調に推移した。

強さばかりが光るユニクロだが、“死角”はないのか――。

次ページユニクロの死角とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。