VAIOスマホに「もう未来がなくなった」理由

<動画>経営陣が反省すべき2つの「体たらく」

「VAIOスマホにもう未来はない」と断言する夏野剛氏(撮影:梅谷秀司)

3月中旬に発売された「VAIOフォン」。ソニーから独立したVAIOと、MVNO(仮想移動体通信事業者=通信事業者からインフラを借り通信サービスを提供する)の先駆けである日本通信が共同で記者会見を開き、発表したものだ。

満を持して発表されたこの新端末だったが、業界関係者の多くを「ガッカリ」させることになった。製品スペック、デザインとも、これまでのパソコンにおける「VAIOブランド」のイメージとは違った、数あるアンドロイド端末の中でも「中位モデル」という印象のものに過ぎなかったのだ。

とんでもない「体たらく」

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

夏野剛氏は今回の発表を受け、「とんでもない形での発表になってしまった。ハイエンドなVAIOのイメージとはかけ離れた製品だ。あえて言うが、これでVAIOスマホの未来はもうなくなった」と語る。

具体的に何がまずかったのか。夏野氏は、主に2つの点について、「VAIO経営陣のとんでもない『体たらく』だ」と指摘する。

まず1つはやはり、発表された製品の「質の低さ」についてだ。「一応アドバイスだけでも(開発に)協力したのなら、もうちょっと尖った、面白いスマホを出すだろう……というユーザーの期待を、今回120%裏切ってしまった」(夏野氏)。

次ページもう1つの「体たらく」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。