任天堂DeNA連合、「大バケ」する道はコレだ

<動画>夏野が語る「もし僕が社長だったら」

果たして任天堂のキャラクターたちは、スマホワールドで活躍できるでしょうか?(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

3月中旬に資本・業務提携を発表した任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)。今後スマートフォン向けゲームアプリの開発などを共同で行っていく。マリオをはじめとする任天堂の強力なIP( Intellectual Property=知的財産)が、ついにスマホやタブレットに解禁されることになる。

夏野剛氏は、当連載の2014年9月掲載記事「任天堂さん、そろそろスマホゲームを!」でも、任天堂がポケモンのiPad向けアプリを出したというニュースに対し、「まだやりようはいろいろあるのではないか。(アプリの世界を)そんなに毛嫌いしないで、今度は世界規模で、新しい形で任天堂のキャラを使ったゲームを、スマホも含めてチャレンジしてほしい」と熱弁してきた。

後発組が勝ち残るための道は

この記事は週刊『夏野総研』とのコラボレーションでお届けします

今回のニュースを受けても、「もっと早く取り組むべきだったのではないか」と苦言を呈すが、それでも、「大きなニュースだし、すごく期待を持てる取り組みになる」と話す。

しかし、前途洋々と言い切ることはまだ出来ない。アプリゲームの世界では、任天堂はかなりの後発となってしまった。そんな中うまく軌道に乗せるためには、「売り切りのビジネスモデルではなく、会員制のモデルをどう立ち上げるかがキモになる」と夏野氏は指摘する。

具体的にはどのようなビジネスモデルを展開するべきなのか。夏野氏はブロマガ『週刊夏野総研』の中の「僕がもし任天堂の社長だったら」と題した記事で、任天堂の取るべき戦略について、次のように提言している。

次ページハードを選ばない、月額課金制を
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。