終幕!トワイライト劇場は、やはり凄かった

豪華寝台列車の旅が、25年の歴史に終止符

25年間、北の大地を目指して走り続けたトワイライトエクスプレス

3月12日夜に大阪駅、札幌駅を出発した「トワイライトエクスプレス」の最終便は13日午前10時に札幌駅、午後1時前に大阪駅に到着した。多くの鉄道ファンを魅了した豪華寝台列車は、運行を終了した。

トワイライトエクスプレスのスイートルームでの旅は、まさに夢の世界。2014年12月19日、札幌発大阪行きの旅の模様をルポでお届けし、読者の皆さんと一緒に、トワイライトの思い出を噛みしめたい。

目を見張る美しさ

奇跡的に、札幌発大阪行きのスイートルームのチケットが取れた。

2014年12月19日13時50分、札幌駅4番ホームに、DD51形ディーゼル機関車に牽引されたトワイライトエクスプレスが入線した。すでにホームには多くの乗客がカメラを手に待っている。

A寝台につく洗面セット(撮影:米屋こうじ)

2号車の車内に足を踏み入れると、その美しさに目を見張る。落ち着きある壁、絨毯の敷かれた床。塗装が剥がれたところなどまったくない。

JRによれば、車内の清掃には劣化を招く洗剤を極力避け、普通の電車の5倍近い数の清掃クロスを使っているという。

皮脂汚れがたまりやすい水回りには特に経験と技術が活かされ、日常清掃をやりやすくするための特別なメンテナンスも行っている。おかげで、JRが言うような車体の老朽化など、乗客が目にする場所では微塵も感じられない。だが、実際には製造から約40年を経た老兵だ。

「トワイライトエクスプレスをご利用いただきまして、ありがとうございます。北海道の自然、青函トンネル、日本海の雄大なパノラマを鑑賞しながら、旅をお楽しみください」──。普通の列車とはひと味違う車内放送とともに、14時05分、札幌駅を発車した。

次ページスイートルームは2部屋のみ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。