AppleⅡ用ゲーム「Wizardry」のスゴイ効能

高速タイプの原点は、伝説のゲームだった

「カタカタカタカタ....」

 だんな君の快速タイピング音が今日もお隣から聞こえてきます。

子どもの頃からキーボードに慣れ親しんでいただけに、だんな君のタイピングは大変な高速です。

もちろんブラインドタッチ。

こんなに速く打てたら仕事の効率も上がりますよね。

というわけで、ぼへちゃんもぱちぱちタイピングから卒業するため、タイピング練習ソフトを買ってきました。

ゲーム感覚で練習できるので、楽しみながらタイピングを習得できます。

そういえばだんな君、昔はこんなソフトなかったはずですが、どうやってその快速タイピングをマスターしたんでしょうか?

「僕も最初はゲームからだよ」といって見せてくれたのが、大変古いロールプレイングゲーム。その名前は「ウィザードリー」。

「このゲーム、魔法使いや僧侶が唱える呪文のスペルをキータイプしないと唱えられないんだよ」

こういうゲーム、今では十字キーで唱える呪文を選択する方式が一般的ですが、昔はこんなゲームがあったんですね。

このゲームで遊んだお陰で、最初のキーボードアレルギーは卒業できたようなんですが、その先はどうやって進化したのでしょうか。・・・・その話は、もう終わって、すでに昔のゲームの話になっているようです。どうして、こう自分の好きなゲームの話になるとキラキラオーラを放つんでしょうね。

以下の記事もご参考に・・・

Wikipedia『ウィザードリィ』……1981年に米国のSir-Tech社からApple II用ソフトウェアとして発売されたコンピュータ・ロールプレイングゲーム

『ウィザードリィ』メイジの呪文……スティングのサイトより

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。