秋葉原ダイソーで激しく売れる「棒」の正体

ひとり30本のまとめ買いも!

100均最大手のダイソーで激しく売れる「棒」とは?
景気回復を実感しにくい中で進む、消費税増税や相次ぐ値上げ……。日々の買い物でその影響を感じる消費者の間で、低価格商品の存在感は高まるばかりだ。最近はただ安いというだけでなく、価格の数倍の価値を感じるような高品質な商品も続々と登場している。今、特に売れているコスパ最強商品とは? 主婦でもある筆者がそのヒットの要因に迫る。

 

100均業界トップの座を守る大創産業で、今、“激しく”売れている「棒」があることをご存じだろうか。

100円均一ショップ「ザ・ダイソー(以下、ダイソー)」を展開する同社の商品点数は、約5万点。毎月約300~500種類の新商品が出るという。圧倒的な品数をそろえているだけあって売れ筋も多岐にわたるが、最近ではユニークなイベントグッズのヒットが目立つ。昨年でいうと、ワールドカップの時期には水なしで落とせるフェイスペイント「ミラクルペイント」が、ハロウィンの時期にはリアルな血のりやつけ歯などの仮装グッズが飛ぶように売れたという。

こうしたイベントグッズの中でも、一部の層に熱く支持され大ヒットとなったアイテムが、「激しく光る棒」だ。名前も激しいが、売れ方も激しい。一度に何十本という大量購入も珍しくないシロモノなのだ。

イベントのある日の売れ方がスゴイ

商品名から察しがつくかもしれないが、これはコンサートやライブで観客が振るペンライトである。昔から使われている定番グッズだが、昨今のアイドルブームや声優のアイドル化などに伴いイベントが増える中、需要がアップ。今、アイドル系のイベントではマストアイテムとなっているそうだ。

パッケージからインパクト大

「オタクの方々に人気を得ています。イベントに参加する前にダイソーで追加購入するというニーズが高い」と、同社広報室の日下寛子氏は話す。同商品は2013年11月から8色展開で販売を始めたが、まずはコンサート会場やイベント会場に近い店舗で先行販売をして動向を調査した。すると、開催当日に販売数が伸びる傾向がみられたという。

断トツで売り上げているのは、やはりイベント数の多いエリアに立地する秋葉原店。都内にある店舗の中でも売り場面積の狭い同店だが、自動ドアの入口すぐ右側に同商品全色と関連商品がズラッと並んでおり、その需要の高さがうかがえる。

ひとりで30本くらい買っていかれるお客様もいらっしゃいますよ」(同店のスタッフさん)。

筆者は、CoCoや永作博美がいたribbonなど1990年代前半アイドルには少々詳しいが、AKB48は初代の中心メンバーしかわからない。中高生の頃は中野の「まんだらけ」に通うくらい漫画が好きだったが、「アイドルマスター」や「ラブライブ!」など最近の人気アニメ事情は、育児に追われノーチェックだ。つまり、この手の世界は、本来、割と好きなのだが、今やすっかり時代遅れのおばさんである。

なぜにそんなオトナ買いを!? 

そもそもなんで激しく光る必要が!?

脳内に飛び交ったおばさんの疑問は、取材を進めるうちに明らかになっていった。

次ページなぜダイソー製が支持されるのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。