公文式は、なぜマレーシアでも根付いたのか

188教室で約4万人もの子どもが学習

塾や家庭教師も盛んなマレーシアだが、そんななか、日本で生まれた公文式も人気だ。現在ではマレーシア全土188教室で約4万人もの子どもたちが学んでいる。

マレーシアの塾の中でも公文式はかなりメジャーな存在だ。マレーシアに初めて公文が進出したのは1986年。当初は日本人を対象とした教室だったが、1996年にセランゴール州にマレーシア人を対象とした第1号センターを開設して以来、教室数を増やし続けている。

公文式はかなりメジャーな存在

マレーシアの公文式の本部

マレーシア公文の高津昌弘社長はシンガポールでの2年の勤務を経て、マレーシア公文の責任者に2012年に就任した。

日本、シンガポール、マレーシアと3カ国を見てきた高津さんに、3カ国の違いを聞いてみると、意外な答えが返ってきた。

「実はマレーシアならではのエピソードというのは特にないんです。むしろ、日本、シンガポール、マレーシアという3カ国で仕事をしてみて、教室での出来事は一緒なのだということを実感しています」(高津社長)。

次ページ公文で使う教材は基本ほぼ全世界共通
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。