米アップル、大型iPad生産を9月に延期=報道

12.9インチタブレットは9月投入の公算

 3月4日、米アップルは12.9インチの大型ディスプレイを搭載したタブレット型端末「iPad(アイパッド)」の生産を9月ごろに延期する。ニューヨークで昨年9月撮影(2015年 ロイター/Carlo Allegri)

[5日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は12.9インチの大型ディスプレイを搭載したタブレット型端末「iPad(アイパッド)」の生産を9月ごろに延期する。ブルームバーグとウォールストリート・ジャーナル紙が、関係筋の話として報じた。パネルの供給などが問題になっているという。

ブルームバーグによると、関係筋は、アップルが大型iPadの生産を2015年第1・四半期に開始する予定だったと語った。

一方でウォールストリート・ジャーナル紙は、生産開始は今年後半とうわさされていた、と伝えている。

同紙によると、状況に詳しい関係者は、アップルが新型iPadにUSBポートを加え、従来のUSBポートの最大10倍の速度でデータ送信できる技術を搭載することを検討中、と述べている。

また、キーボートとマウスに接続可能なポートを加えることも検討されているという。

*内容を追加します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。