これ1つでiPhoneが「文書作成ツール」に

マイクロソフトのモバイルキーボード

当連載は、スマートライフを実現するためのガジェットを紹介するコーナー。ここで紹介する商品は、筆者が実際に使用した(している)ガジェットの中から、「いいもの」だけを厳選している。当該企業から広告費などはもらっていない、中立なレビュー記事である。

 

マイクロソフトが3月6日にリリースしたBluetoothキーボード「Microsoft Universal Mobile Keyboard」。その名の通り、Windowsだけでなく、Android、iPhone/iPadのモードを切り替えて利用できる。

このキーボードをiPhone 6 Plusなどのファブレット(大型のスマートフォン)と組み合わせることによって、パソコンやタブレットを持たなくても、特に文字入力にたよるような作業、例えばメモやアイディア出し、原稿執筆の一部を行うことができるようになった。

スマートフォンをポケットに、キーボードを小脇に抱えて近所のカフェに出かけたり、公園のベンチで膝の上にキーボードを乗せてタイピングしたり。文字入力ができずにもどかしかった瞬間が消えていく感覚をぜひ体験してみて欲しい。

ちなみに、3月6日に日本語版が発売されるが、筆者は以前から米国で英語版を利用しており、今回のレビューは英語版で行っていることをご了承頂きたい。かなの刻印の有無と、キー配列の違いが中心で、機能面で大きな違いはない。

キーボードが必要な瞬間

iPhone 6 Plusを使い始めて、筆者はそれまでiPhoneと併用していたiPad miniをほとんど持ち歩かなくて済むようになった。iPadは、家でビデオ視聴やゲームを楽しむことはあるが、外出時にはほとんどiPhone 6 Plusで事足りるようになったからだ。

上の画像をクリックするとアマゾンの特設サイトにジャンプします

しかしiPhone 6 Plusだけでどうしてもこなせないのが、取材やインタビューである。パソコンやiPadで話を聞きながらEvernoteアプリにメモを取るのが普段の取材風景だが、これらはキーボードがあるからできることだ。iPhoneだと、どうしても画面を確認しながらの入力になってしまう。

次ページiPhoneだけだと文書作成には不便
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。