これ1つでiPhoneが「文書作成ツール」に

マイクロソフトのモバイルキーボード

同じように、原稿を書く作業もまた、iPhoneだけではなかなか筆が進まなかった。前述の通りタイピングのスピードが上がらないうえ、画面の1/3ないし半分がキーボードで隠れてしまい、前後の文章を見渡しながら書いていくことができないからだ。

フリック入力の鍛錬も進んでいるが、やはり完全に慣れきったキーボードでの入力は、仕事の効率だけでなく、円滑な思考にも重要なツールといえる。コンパクトで使いやすいキーボードとスマートフォンとの組み合わせは、こうした瞬間を助け、荷物を軽くし、より時間を有効活用できるようになるだろう。

どのような使い心地か

この原稿はiPhone 6 PlusとUniversal Mobile Keyboard、そしてアプリ「iA Writer Pro」を使って書いている。

カフェのカウンターテーブルでキーボードのカバーをノートパソコンのようにぱかっと開けると、自動的に電源が入り、iPhoneとペアリングされ、使えるようになる。iPhoneをキーボードカバーにある溝に横長に立てると、画面はすべて文章が表示され、文章を書くことに集中できる。

iPhoneをピッタリと立てることができる

写真のiPhone 6 PlusにはDAQの&Meshというオレンジ色のカバーを装着している状態だが、きちんとスタンドに立てることができた。10mmまでの厚みのデバイスであれば、スタンドが利用可能で、薄めのケースであれば大抵問題ないだろう。

キーピッチは16mmで筆者が普段使っているMacBook Proや、Happy Hakickng Keyboardの19mmよりは狭いものの、すぐにタイピングのペースをつかむことができた。キータッチは浅いが、軽快に指を運ぶことができた。

次ページ6カ月のバッテリーと、ラバーケースの質感
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。