訪日中国人が、"春節爆買い"で買ったもの

日本で何をどれだけ買ったのか

高価な金細工の商品説明に聞き入る中国人客(撮影:今井康一)

三越銀座店の店内を歩くと、あちこちから中国語が聞こえてきた。それもそのはず。中国の旧暦の正月に当たる、春節休暇(今年は2月18~24日)の同店の免税品売り上げは、普段の約3倍となる3割程度に達した。

百貨店業界では「ニッパチ」と呼ばれる2、8月は、季節の変わり目で商品の売れ行きが鈍る閑散期。だが、2014年10月から、消費税が免除される免税品の対象が、消耗品(食品、飲料、薬品、化粧品など)まで拡大された政策の後押しもあり、2014年の春節時期に比べても、三越銀座店の免税品売り上げは約3倍に拡大した模様だ。

訪日中国人は8割増!

2014年の訪日中国人数は約241万人と、2013年に比べて8割増加(観光庁調べ)。その購買力は圧倒的で、一人当たり買い物消費額は13万8000円と、外国人平均の5万7000円を大きく上回る(2014年10~12月期)。

彼らが買い物に訪れるのは銀座だけではない。関西では心斎橋が人気であり、春節期間中の大丸心斎橋店の免税品売り上げは全体の約3割となった。心斎橋周辺には、大丸のほかにもユニクロ、ドン・キホーテなどが集積。京都で観光してから、心斎橋でまとめ買いし、関西国際空港から帰国するという、ルートが確立されているようだ。

百貨店に来る訪日中国人のお目当ては、高級時計や化粧品などのラグジュアリーブランドだ。2011年の夏から今年にかけて、中国元に対し5割程度円安が進んだことや、中国では輸入ブランド品の関税が高く、日本で買ったほうが割安なこともその一因である。

次ページ時計で人気のブランドは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。