利益「3兆円」に肉薄、トヨタに還元の圧力

今期の営業利益は過去最高の2.7兆円へ

2月1日、WRC参戦を発表した豊田章男社長。こうしたポーズができるのも好業績ゆえか。(撮影:梅谷秀司)

日本企業では未到の利益3兆円が見えてきた巨人は、“富”の還元という難問を突き付けられている。

トヨタ自動車は2月4日、2015年3月期の営業利益が2.7兆円になるとの見通しを発表した。2014年11月に上方修正した予想から2000億円引き上げ、過去最高だった前期を約2割上回る。

空前の利益をたたき出すものの、日本や東南アジア、南米でのマイナスが響き、グループ総販売は1010万台とほぼ前期並み。今回上乗せした利益2000億円のうち、昨秋以降に急速に進んだ円安効果が1750億円を占める。つまり、円安政策を採るアベノミクスの恩恵を最も大きく受けている企業が、トヨタだといえる。

甘利大臣がトヨタの訪問を公言

政策をつかさどる安倍晋三首相は2014年12月16日、政労使会議の場で、「円安メリットを受けて高収益の企業は、賃上げ、設備投資に加え、下請け企業に支払う価格についても配慮を求めたい」と半ば要請していた。

それから1カ月余り。これに呼応する動きが表面化する。「今日、私のところにトヨタの経営陣の方が訪ねてこられました」──。1月30日に開かれた経済再生諮問会議後の会見で、甘利明経済再生担当相がこう明かした。内容はやけに具体的だった。

次ページなぜ大臣に報告したのか?
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。