37歳「元サヤ婚」に見る、大人の恋愛作法

切れかけた「赤い糸」はこうしてつながった!

「結婚難」が止まらない。日本人の平均初婚年齢は年々上昇し、男性は30.7歳、女性は29歳。社会人歴が長くなり、ガチガチに自我が固まりゆく一方で、恋愛感度は下がり続ける。35歳を超える頃になると、「もはやどうやって結婚にたどり着けるかわからない」という人も少なくないだろう。そこでこの連載では、“35歳以上婚”を果たした「晩婚さん」に会いに行く。晩婚さん、どうやって結婚をつかんだのですか? あなたの晩婚は幸せですか?
「元サヤ婚」を果たした男性の心境とは?(イラスト:堀江篤史)

地方銀行の行員さんがインタビュー取材に応じてくれると聞き、東京郊外の喫茶店に向かった。如才ない人物を想像していたのだが、喫茶店に現れた松田周平さん(仮名、40歳)はちょっととっつきの悪い人物だった。

「面白い話はできませんけど、それでいいなら……」

緊張や謙遜をしているわけでなく、初対面の相手に笑顔を振りまくことはしないタイプのようだ。それでいて、僕と編集者に会うことを嫌がっているふうでもない。すねた少年のようなかわいげを感じさせる。顔も雰囲気もお笑い芸人のバカリズムに少し似ていると思った。

一期一会? 銀行員の「社内恋愛」事情

周平さんが結婚したのは1年前。相手は短大卒入行の同期で2歳下の洋子さん(仮名、38歳)である。

「20代後半のときに同じ支店に配属され、そのときに3年間付き合って別れ、6年後に再会してまた2年ほど付き合ってから結婚しました。いわゆる『元サヤ婚』ですね」

淡々とした口調で話す周平さんだが、行内恋愛の同期と元サヤ婚というのは驚きだ。気まずさはなかったのだろうか。

聞けば、周平さんが勤める地方銀行は数千人規模の行員がおり、支店も関東地方に広く点在している。若いうちは基本的に3年に一度は異動があるため、同期ではなく支店内での「一期一会」の恋愛が盛んなのだという。派手に遊ぶと査定に響くことになりそうだが、行内にひとりふたりは元恋人がいるのは珍しくない。そして、多くの人たちが30歳までに身を固めていく。

「支店内で仲の良い6~7人でスキーや旅行に行っていました。僕たちとは別にできた2組のカップルはさっさと結婚していますね。僕も30歳ぐらいで結婚したかったのですが、付き合って3年後に向こう(洋子さん)から『気持ちが冷めた』と言われて振られてしまいました。

冷めた理由ですか? 明確なことはわかりません。もうちょっと様子を見ないか、と引き留めた記憶はありますが、向こうは頑固なので聞いてくれませんでした。ハハハ」

次ページ別れて6年、年1のメールから大復活!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。