アップル、GoProのようなミニカメラに触手?

ウェアラブルカメラに関する特許を取得

 1月13日、米アップル<がウエアラブルカメラに関する特許を取得したことが米特許商標庁の文書で明らかとなった。シドニーで昨年9月撮影(2015年 ロイター/DAVID GRAY)

[13日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が、ウエアラブルカメラに関する特許を取得したことが米特許商標庁(USPTO)の文書で明らかとなった。アップルは自転車ヘルメットやスキューバダイビング用マスクへのカメラ装着が可能としており、同様の製品を製造するゴープロ<GPRO.O>と競合する可能性がある。

アップルはさらに、特許製品を使い、水中での写真撮影や録音もできるとしている。

13日の米国株式市場で、アップルは0.8%高と底堅く推移。一方、ゴープロは対照的に売り込まれ12%強急落している。

こうしたなか、JMP証券のアナリスト、アレックス・ゴーナ氏は、アップルが早期にウエアラブルカメラを投入してくると考えるのは時期尚早と指摘。「アクション・カメラ備品の発売がアップルにとって現時点で最も妥当な製品拡充であるとは思われない」と述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。