100歳を可能にする時間医学 大塚邦明著

100歳を可能にする時間医学 大塚邦明著

最近、時間生物学(生体リズム研究)、時間医学という科学分野が登場し、不老長寿へのカギを握る新しい学問体系として脚光を浴びるようになった。

生体リズムとは、地球上の生命が共通に持つリズム性。地球上の生命が持つ生体時計(生物時計)は、いずれもほぼ同じ仕組みで生体リズムを奏でているという。生体時計とは、「昼夜交替する地球環境を予知し、適応するために獲得した装置」のことだ。

その生体リズムと「時間遺伝子」から、人の健康長寿の道を解明しようと、本書は試みる。健康長寿には自身の生体時計をしっかりと確認する。その生体時計に合わせた規則正しい生活を送ることが、老齢期に健康な体と心を維持するために重要であると結論づけ、老化防止の具体的な生活パターンを提示する。

日本は2050年に百寿者100万人超えを迎えるという。自立した百寿者のために健康長寿の研究がさらに進んでほしいものだ。

NTT出版 2310円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。