超優良ぞろい!連続増配年数ランキング

花王は24年連続増配、ではP&Gは?

「本国でも他の先進国でも、新興国でも強い」。P&Gは58年連続増配(Imaginechina/アフロ)

「米国会社四季報」の誌面データを利用したランキング。第4回目は「連続増配年数ランキング」(2ページ参照)を採り上げる(30年以上が対象)。米国には20年以上増配を継続している企業が150社以上ある。そのうち50社以上が、40年以上増配を続けている。当ランキングでは、そのうち「米国会社四季報」に掲載され、かつアニュアル・レポート等で増配年数の確認できる企業のみを抽出した。

「ケタ違い!これが米国CEO報酬トップ300だ」

「ケタ外れ!これが米国従業員数トップ200だ」

米国は老舗大国!これが「ご長寿100社」だ

東京商工リサーチの集計によると、2013年の日本における倒産企業の平均寿命は23.6年。今回、ランキングに掲載する連続年数増配企業は、単なる存続だけでなく長期にわたり増配を可能にする利益を出し続けている。その意味で「超優良企業ランキング」と言っていい。

ベスト10企業は、半世紀以上も連続増配

ランキングのベスト10は、なんと半世紀以上増配を継続している。プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)、3M、ジョンソン・エンド・ジョンソン、コカ・コーラなど、日本でも馴染みの深い企業が並ぶ。

1位の資本財関連のドーバーは59年、世界最大の日用品メーカーP&Gの増配年数は58年だ。ドーバーは知らなくても、P&Gはすっかりお馴染みだ。

同社は、世界180カ国以上で製品を販売する世界最大の日用品メーカー。ファブリーズ一家のCM人気もあり、知名度は日本でも抜群だ。同社の日本におけるライバルの花王は、日本企業としては連続増配年数トップだが、それでも24年でありP&Gの半分にも及ばない。

実は、ここ数年のP&Gの業績は決して好調とは言えなかった。売上高は伸びていたが、2010年から2012年にかけては、1株当たり利益(EPS)は低下している。伝えられるところでは、中核事業の建て直しの遅れや、新興国の混乱が影響したようだ。

しかし、そのような中でも増配は継続されていたのである。その期間の配当の年平均成長率は9.2%。長期増配継続企業として、配当の成長部分は譲れないということだろうか。今回のランキング1位のドーバーについて、1990年と2013年のデータで同様に配当の年平均成長率を計算したこところ、P&Gと同じ9.2%だった。これは毎年、配当額が9%ずつ増加してくことを意味する。毎期同じような配当額が並ぶ日本企業では考えられないことだ。

6位で連続増配56年のスリーエムは、日本ではオフィス用品メーカーのイメージが強いが、実態は異なる。実際は化学・電気素材を主力とする多角経営企業だ。ヘルスケア、通信、交通、セキュリティなど幅広い分野の製品を販売する。製造する製品数は約5万5000種類もあり、取得・申請済み特許数は3万8500件以上。現在、最も普及している聴診器のリットマン聴診器も同社の発明だ。

次ページ発表!これが米国の連続増配企業ランキングだ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。