安くて1万円、遺伝子検査で何がわかる?

DeNA、ヤフーなどが検査事業に続々参入

遺伝子検査キットはネットやコンビニなどで購入可能

少し前は未来的な響きを持っていた「遺伝子検査」が、急速に身近になりつつある。インターネットなどで検査キットを購入し、唾液や口腔内の粘膜を検査会社に送ると、1カ月前後で病気にかかるリスクや体質、性格などがわかるというサービスが多数登場。従来は遺伝子情報の入手は困難だったが、機器の進化により、短期、低コストでの解析が可能になった。

価格は検査項目の数や内容に応じて、1万~5万円程度。複数の価格帯の商品を取り扱っている場合、項目数の多いものが人気のようだ。

30~40代の男性が購入層の中心

たとえばディー・エヌ・エー(DeNA)子会社のDeNAライフサイエンスの「マイコード」には三つの価格帯があるが、9割以上の顧客が最も高い2万9800円の商品を選択している。購入層の中心は30~40代の男性だ。

2014年はIT企業など一見畑違いの分野から参入が相次いだ。1月にジーンクエスト、8月にDeNA、11月にファンケルとヤフーが、個人向け遺伝子検査ビジネスに乗り出した。

遺伝子情報は一生変わらないため、遺伝子検査は基本的に1回販売したら終わり。しかも、現在の技術では1万円を切る検査は赤字とみられ、事業会社は検査だけでは儲からない。継続的に稼ぐため、各社各様の事業モデルを掲げている。

次ページ検査後の事業展開をにらむ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。