「漢方」と「温灸」は本当に風邪に効くのか

不調のサインが出たらすぐに対処すべし!

のどが腫れ、咳が出始めてから葛根湯を飲んでいるあなた。それでは意味がないかもしれません……(写真:iori / Imasia)

また寒い季節がやってきます。寒暖の差が激しいので、すでに風邪引きさんたちが続出しているようですね。なので今回は、葛根湯とペットボトル温灸でどうやって風邪を未然に防ぐかをさらっと解説しておこうと思います。

まずは「未病」と「已病」という概念を解説したいと思います。「未病」というのは、未だ病ではない状態。「已病」は、すでに病となっている状態を指します。この概念は、「黄帝内経」(東洋医学の最古の医学書)にすでにあります。

■ 黄帝内経素問 四氣調神大論篇 第二
「是故聖人不治已病、治未病。不治已亂、治未亂。此之謂也。夫病已成而後藥之。亂已成而後治之。譬猶渇而穿井、闘而鑄兵、不亦晩乎」
■ 霊枢 逆順編
「上工治未病」
■ 千金要方 巻二十七
「上医医未病、中医医欲已之病、下医医已病之病」

 

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

このように、病の手前で治すのが最上の手立てだと考えられていました。それ以降に治すのはまあ、中くらいか下等の医者のやることだと。東洋医学の真骨頂は、この未病治にあると言っても過言じゃないのです。

実は、未病とはみんなが思っているよりもずっと病の手前の状態で、ほとんどの人が已病(すでに病になってしまっている状態)を未病と勘違いしています。じゃあ未病ってなんなのよ……というと、「あれ、なんかちょっとヘン?」という段階なのです。これ、かなーり病気よりも手前の状態。

いつもよりなんとなく体が重い、いつもよりちょっと手足が冷える、いつもより妙に怒りっぽい、いつもよりちょっとしたことで落ちこむ……いつもより少しなんかちょっとヘン……って時期。これが未病です。ここを逃さないことで、未病を治すこと「未病治」が行えるというわけです。

次ページ「未病」はどの段階までを指す?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。