コンビニ飯でも風邪に負けない体質を作れる

粘膜を丈夫に保つための食材はこれ!

 「コンビニ飯は不健康!」「コンビニ飯が続くと罪悪感が……」とあきらめてしまっている方、印象だけで決めつけてはもったいない! この連載ではシニア野菜ソムリエの丸田みわ子氏が、毎回テーマに沿ってコンビニ飯の上手な選び方を紹介します。今日は季節の変わり目にありがちな風邪を予防するためのメニュー。

 

高熱やだるさで連休を棒に振ってしまったという方、多いのでは?(写真:アフロ)

季節の変わり目は、1日の温度差が激しく、風邪をひきやすい時期ですね。ストレスの影響や睡眠不足でも体の抵抗力が弱くなるので、食事面のケアをしっかりとしておきましょう。

風邪や流行のウイルスは空気感染によるものも多いですが、風邪がはやっていても、なぜかマスクもしないで平然と仕事をしている同僚が、あなたのオフィスにもいらっしゃいませんか? そういう人は体内の粘膜が丈夫で、呼吸によって入ってくるさまざまなウイルスに体が反応していない、と考えられます。

では、そのような理想的な体はどうやって作れるのでしょうか? まずはどうして風邪をひくのか、という原因を知っておきましょう。

風邪薬だけでは、根本解決にならない

簡単に言ってしまえば、風邪は口や鼻などの呼吸器官の粘膜にウイルス(ライノウイルス)が付着して急性炎症を起こすこと。健康な状態だと、呼吸器官の粘膜がこのウイルスを撃退してくれるのですが、偏った食事やストレスなどで体力が弱っていると、ウイルスに負けてしまい、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、せきなどの症状が出てきます。

そもそもこれらの症状も、体の自然治癒力の一種。体内に入ったウイルスを外に出そうとする行為なのです。風邪薬などで一時的に止めることはできても、根本的に改善するためには、やはり日頃の食事で呼吸器官の粘膜を丈夫にしておくことがカギとなるでしょう。

体内の粘膜を丈夫にするには、粘膜の材料となるタンパク質が必須です。これに粘膜の代謝を促進する鉄分とビタミンA、免疫調整作用のある「ラクトフェリン」という成分が摂取できれば理想的です。コンビニ食で補える各栄養素別の食材は、次のとおりです。

次ページ具体的なメニューをチェック!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。