話題の「サラダチキン」、どう使うのが賢い?

疲労回復のためのコンビニ飯簡単アレンジ!

 「コンビニ飯は不健康!」「コンビニ飯が続くと罪悪感が……」とあきらめてしまっている方、印象だけで決めつけてはもったいない! この連載ではシニア野菜ソムリエの丸田みわ子氏が、毎回テーマに沿ってコンビニ飯の上手な選び方を紹介します。今日のテーマは、話題沸騰中のあの“チキン”。

 

セブンイレブンの「サラダチキン」。1パック198円(税抜)で125グラム、プレーンとハーブの2種類がある。

「最近セブンイレブンの『サラダチキン』というのをよく食べるんです。確かにヘルシーな感じはするのですが、帰宅して早々、真空パックからムニュッと出して直接食べていると、なんとも味気ない気持ちになりまして……」。

ある編集者さんからのご相談です。セブンイレブンのサラダチキン、発売直後に一時品薄になったほどの人気商品ですね。ダイエットのために毎日のように食べている、という方も少なくないのではないでしょうか。とはいえ、この編集者さんが言う通り、これだけを食べているというのは、気分的にも、栄養バランス的にも、ちょっと残念な感じです。

ただ、このサラダチキンに代表される鶏の胸肉、使い方次第でビジネスパーソンにとって非常にうれしい機能を発揮する食材なのです。今日はその栄養素についてと、簡単なコンビニ飯アレンジをご紹介しましょう。

“体がだるい”時に摂りたい「イミダペプチド」

10月は一雨ごとに気温が下がっていき、残暑の疲れも癒えないまま、急激な気候の変化で健康な人でも体がまいってしまう時期。その疲労を回復させる成分として、「イミダペプチド」というものが注目されています。これを多く含むのが、まさに鶏の胸肉なのです。

夏の疲れをそのまま引きずる“秋バテ”という言葉も一般化してきましたが、10月は先月までの残暑の疲れが、まだまだ体に溜まっている時期でもあります。気候やオフィスの空調の温度差で、知らず知らずのうちに自律神経が乱れ、体は水分不足や胃腸機能の低下、微熱が続くなどの不調を引き起こしています。いつも体がだるくて、やる気が起こらない、努力が空回り? と感じる時は“慢性疲労”になっているかもしれません。

そこで、体のだるさを感じたら、最近、疲労回復作用で注目されている「イミダペプチド」を食事から摂取しておきましょう。イミダペプチドはヒスチジンとアラニンという2つのアミノ酸が合成された成分で、鶏の胸肉に多く含まれていることが近年の研究でわかりました。

次ページオフィスでもできる簡単アレンジとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。