レクサス「LF-C2」、鮮烈デザインに熱視線

<動画>LAオートショー・プレスデー速報

提供:ロイター(音量にご注意ください)

11月19日は、「2014年ロサンゼルス(LA)オートショー」のプレスデー初日だった。21~30日の一般公開を前に、各メーカーが米国市場向けの新しいコンセプトカーを明らかにした。

このLAオートショーはデトロイト、ニューヨークと並ぶ米国3大モーターショーのひとつ。今年は、自動車業界にとって、年内最後の大規模な展示会に位置づけられているだけに、各社から数多くの新車、コンセプトカーが発表された。この日にとくに注目を集めていたのは各社の高級車だった。

動画では、冒頭にレクサスの高級コンバーチブルのコンセプトカー「LF-C2」 が登場。外観だけでなく、内装も紹介されている。続いて、GMの「キャデラック」ブランドからは「ATS-V」(42秒~)、超高級車といえる「メルセデス-マイバッハ S600」(1分34秒~)、BMWのスポーツカー「i8」(2分18秒~)などが紹介されている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。