経産省が促す「石化再編」、その狙いとは?

米・中で新設ラッシュ、押される日本勢

石油化学工場は供給過剰になっていく(撮影:大澤誠)

11月7日に経済産業省が発表した調査報告書が、国内の石油化学工場の再編を加速させそうだ。

同報告書は、供給過剰が懸念される市場について、その実態を公表して再編を促す、「産業競争力強化法50条」に基づく措置である。

足元の業績は好調だが・・・

もっとも足元の化学メーカー各社の業績は好調だ。代表的な基礎化学品である、エチレンのプラント稼働率は9割を超過している。ただ、これは、円安に加えて、海外のエチレン工場の操業トラブルが相次いだことなど、一時的な“敵失”が追い風になった点も否めない。

実際、メーカー側も中長期的な視点から、すでに自主的な能力削減に着手している。今年5月に三菱化学は鹿島工場の一基を停止。さらに2015年5月に住友化学の千葉工場、16年4月には旭化成の水島工場が停止する。この結果、国内のエチレン年間生産能力は、現在の720万トンから640万トンまで下がる。それでもまだ生産は過剰な状況と報告書は指摘する。

その理由に挙げられるのが、米国で採掘が進むシェールガスを利用した、エチレン工場の新設だ。中国でも、自国で大量に産出される安価な石炭による、エチレン工場を造ろうとする動きが目立っている。報告書では、これらを考慮すれば、20年の国内エチレン生産の適正水準は470万トンまで減少する可能性がある、としている。

次ページ焦点は千葉エリア
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。